PR

日焼け止めの機内持ち込みで国際線に決まりやルール?

PR
PR
海外旅行準備

日焼け止めの機内持ち込みで国際線に決まりやルールがあるの?

決まりがありますよ。正しく守れば、日焼け止めは国際線の機内に持ち込めます。

「機内持ち込み制限」は、禁止って意味じゃないんだ。

制限と禁止は違うからね。

国際線の機内に液体を持ち込む制限はあるけれど、禁止になってないんだ。

そうなんですか。

液体の国際線機内持ち込みの制限について教えてもらえますか?

 

日焼け止めの機内持ち込みで国際線に決まりやルール?

初めて海外旅行に行くときに慣れない手続きのひとつに、香水や日焼け止めなど液体物の機内持ち込み制限があります。

飛行機の国際線と国内線ではルールが異なります。

日焼け止めなど液体の機内持ち込みに国際線ではどんな制限があるのか、手荷物として液体を機内に持ち込む方法を説明します。

100mlを超える液体は機内に持ち込めません

海外旅行で国際線の飛行機を利用する場合、100ミリリットル(グラム)を超える容器に入っっているあらゆる液体物は、客室内への持ち込みが禁止となっています。

持ち込める液体容器の大きさに制限があるわけです。1つあたり100ml(g)以下の容器に入った液体を国際線の機内に持ち込めます。

残っている中身の量でなく、あくまで容器のサイズであることに注意です。

元々110g入っていた液体容器で残りの量が半分でも持ち込めません。

その液体を持ち込みたい場合には、100ml以下の小さな容器に移し替えてください。

普段使っているときに液体物の認識がないかもしれませんが、歯磨き粉やコンタクトレンズ保存液、液体ファンデーションやリップクリームも液体物に分類されます。微量でも液体成分が含まれいているものは液体扱いです。

香水など海外の表記の場合、3.4オンス≒100ml(g)。

100mlを超える容器の液体物は、預け入れ荷物の中に入れましょう。

日焼け止めなどの液体を機内に持ち込む袋

日焼け止めなどの液体を機内に持ち込む袋

スプレータイプの日焼け止めを機内に持ち込むとトラブルになることがある

スプレータイプの日焼け止めについては、化粧品(ヘアスプレーや制汗スプレー)や医薬品(殺菌や消毒スプレーなど)の範疇に入ります。

それらは、1つの容器あたり500mlあるいは500g、1人あたり合計で2lあるいは2kgまでの輸送が許可されていて、機内持ち込み、預け入れともに可能です。

ただ、化粧品や医薬品でない引火性ガスを使っているスプレーは禁止になっていること、ほかの乗客からは種類や可不可の区別が明確にできない日本語しか説明が書いていないなどの要因から、海外の手荷物検査場や機内でトラブルになる可能性があります

もし、機内の乗客がいきなりスプレーをまき始めたら、有毒ガスとかテロと思い込んでパニックになる人がいるかもしれません。

一般的に、海外旅行では要らぬトラブルは避けるべきです。

そのようなわけで、スプレータイプの日焼け止めを海外に持っていくことをおすすめしません。どうしてもスプレータイプの日焼け止めを使用したい場合は現地で購入することをオススメします。