スポンサーリンク

バンコク・スワンナプーム国際空港からスクンビットへの行き方を徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
徹底解説

タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港に到着して、中心部のスクンビット・アソークまで電車で行く方法を写真つきで詳しく解説します。

タイ・バンコクの国際空港に到着する

タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港に飛行機が到着したら、入国審査(Immigration)・荷物受け取り(Baggage Claim)を目指して、人の流れに乗って移動します。

国際線乗り継ぎや国内線乗り継ぎは違いますので、そちらへ向かう人について行ってはいけません。

無事に入国、荷物受け取りできて緑色ランプの税関を通過したら、出口を出て到着フロアへ行きます。

到着フロアで頭上や周囲の案内板を探してみます。「Airport Rail Link」の表示を見つけてください。その表示にしたがって、エスカレーターやエレベーターで地下フロアへ降りていきます。

【貸切】空港送迎 スワンナプーム国際空港⇔バンコク市内<最大8名/現地語ドライバー>*1台あたり料金 | バンコクの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
スワンナプーム国際空港からバンコク市内ホテルまでお送りいたします。また市内ホテルから空港までお送りをいたします。初めての地、慣れない国での移動が不安という方におすすめ。安心の貸切送迎サービスをぜひご利用ください。

スワンナプーム国際空港から市内へ移動する

地下フロアにはコンビニや軽食、両替商などがあります。

広く開けた空間のほうを見ると、改札口が目に入ります。そこがAirport Rail Linkの「Suvarnabhumi Station」です。

かつて走っていたExpress急行の表示が残っていますが今は運行していないのでその表記は無視します。

ここから先はタイの通貨が必要になります。手持ちのバーツがないか、少ない場合、ここで両替しておきます。

カードのキャッシングを利用して現金をGET

日本円とタイバーツの両替は、ドルやユーロに比べると余りいい交換比率じゃないので、キャッシングで簡単に現金をゲットするのが一番手軽です。

キャッシングには、「MoneyT Globalカード」がオススメです。

このカードは、クレジットカードではないので13歳以上なら審査不要で作れます。作っておいて損しません。修学旅行や卒業旅行にもいいですね。
※未成年者は、親権者の同意を得て申込んでください

専用口座に入金すると、MoneyT Globalカードの残高にチャージされます。現金をたくさん持っていく必要がありません。海外にあるATMから残高を現地通貨で引出せます。

カードにはVISAマークが付いています。海外にあるVisaの加盟店で、ショッピングやレストランの支払いに利用できます。

このカードは24時間日本語対応のコールセンターに加えて、世界40都市にある「JTB海外トラベルデスク」の日本語サポートを利用できます

もちろんJTB海外トラベルデスクはバンコクにあります。

すでにクレジットカードを持っている人も、海外ではクレカが急にロックされたりすることがありますから、予備に持っていてもいいと思います。

Airport Rail Link乗車券の買い方

乗車券は、自動販売機か窓口で購入します。自動販売機での購入方法は簡単です。あとあとBTSスカイトレインやMRT地下鉄に乗ることを考えたらここで経験しておくと良いでしょう。

自動販売機の列に並びます。自分の順番がやってきたら、タッチディスプレイの画面を見ます。画面上の右上に「English」(英語)のボタンがあります。そこをタッチして英語表示に切り替えます。画面に表示された路線図の中から「Makkasan」(マッカサン駅)を探して、そこをタッチします。一人35バーツと画面に出るので、コインかお札で35バーツ分を投入します。

黒いコインのようなトークンとお釣りが下から出ます。全部を回収します。トークンは乗車券の役割をしますので下車するまでなくさないようにしてください。

自動改札口へ進みます。日本でSuicaなどの交通カードをタッチするように、カードの絵が描いてある部分にトークンをタッチします。前へ進むとゲートが開きますのでゆっくりと通過します。もし通常の自動改札を通過できないような大きなキャリーバッグをひいている場合は係員のいる窓口の広い改札のほうから通過するようにします。

Suvarnabhumi Stationは始発駅です。折り返しの電車が到着した場合すぐに乗り込んではいけません。車内の検査があります。車内検査が終了するとホイッスルが吹かれます。その合図のあと、乗り込みます。乗車時間は約20分です。車内アナウンスはタイ語と英語で行なわれます。

平日の通勤時間帯(朝6時~9時、夕5時~7時)は地元の通勤客も乗車してきて車内は混み合います。降りやすい位置に座ることをオススメします。Makkasan駅は降りる人が多いので焦る必要はありません。車内には大きな荷物を置くためのラックもあります。

地下鉄MRTへ乗り換える

無事にMakkasan(マッカサン駅)でおりたら、自動改札ではトークンをコインの穴の部分に入れます。トークンは回収されます。前に進むとゲートが開くのでゆっくりと進みます。

改札口を出たら、頭上を見上げてMRTの表示を探します。見つけたらその方向へ歩いていきます。ARLのMakkasan駅からMRT地下鉄のPhetchaburi駅までスカイウォーク(高架歩道橋)がつながっています。

MRT駅まで少し離れていて約5分の徒歩距離があります。疲れないよう歩いてください。スカイウォークのいちばん最後まで歩いていき、地上階へ降りると目の前に地下への入口があります。ちなみに入口があえて階段になっているのは雨期の洪水対策です。

MRTのPhetchaburi Stationに到着したら自動販売機で乗車券を買います。MRTの券売機も先のAirport Rail Linkと同様の仕組みです。

英語表記に切り替えて、「Sukhumvit」(スクンビット駅)をタッチします(Phetchaburiの一駅となりにあります)。値段は16バーツです。MRTも乗車券はトークンで、ARLと改札口の通過方法は同じです。ホーム階に降りたら、Sukhumvitが濃く書かれているほうの電車に乗ります。

【貸切】VIPファーストトラックサービス付!空港送迎 スワンナプーム国際空港⇔バンコク市内<最大8名/現地ドライバー/出入国審査優先レーン利用> | バンコクの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
スワンナプーム国際空港にて出入国手続や通関を優先レーンでご案内する『VIPサービス付』空港送迎プランです。専用スタッフが飛行機を降りたゲート前までお迎えにあがりスムーズに通過。待ち時間を短縮して、滞在時間をより有効にお過ごしください。

スクンビット/アソーク地区の歩き方

MRTのSukhumvit(スクンビット駅)で降りたら、基本的にBTSスカイトレインへの案内を探して、BTSの駅へ向かいます。スクンビット/アソーク地区のホテル宿泊の場合でもです。その理由は、BTSアソーク駅を中心としてショッピングモールやホテル、大型ビジネスビルへスカイウォークで直結されているからです。

駅前で人気のホテルであるグランデセンターポイントターミナル21やシェラトングランデスクンビット、ウェスティングランデスクンビットはスカイウォークですぐです。

ほかの周辺ホテルの場合も、まずスカイウォークでホテルに一番近い大型ビルまで行って中へ入って地上階へ降りて外へ出ます。そしてホテルへ向かうのが良い方法です。たいていの大型ビルにはコンビニやATM、カフェなどが入居しています。どんな店があるか見ておくと滞在中に便利でしょう。

アソーク駅に限らずBTSスカイトレインの駅は基本的に周囲の建物とスカイウォークでつながっています。便利にスカイウォークを使ってください。

 

タイ・バンコクの切符の買い方と電車の乗り方を教えます
タイ・バンコクの公共交通機関の切符の買い方と電車の乗り方・降り方を写真とともに徹底解説します。
【貸切】空港送迎 スワンナプーム国際空港⇔バンコク市内<最大8名/現地語ドライバー>*1台あたり料金 | バンコクの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
スワンナプーム国際空港からバンコク市内ホテルまでお送りいたします。また市内ホテルから空港までお送りをいたします。初めての地、慣れない国での移動が不安という方におすすめ。安心の貸切送迎サービスをぜひご利用ください。
【貸切】VIPファーストトラックサービス付!空港送迎 スワンナプーム国際空港⇔バンコク市内<最大8名/現地ドライバー/出入国審査優先レーン利用> | バンコクの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
スワンナプーム国際空港にて出入国手続や通関を優先レーンでご案内する『VIPサービス付』空港送迎プランです。専用スタッフが飛行機を降りたゲート前までお迎えにあがりスムーズに通過。待ち時間を短縮して、滞在時間をより有効にお過ごしください。

タイ・バンコク交通機関乗り換えGoogleマップ

初めてのタイ・バンコク まとめ
初めて行くタイ・バンコクを楽しむためのTipsまとめです。電車や水上バスの乗り方やフードコート利用方法、寺院へ自力で行く方法、ナイトスポットの楽しみかたなどを紹介します。