タイ・バンコクの切符の買い方と電車の乗り方を教えます

徹底解説

海外旅行に行ったとき、現地の電車やバスに乗るのは楽しみでもあり、不安でもあります。運賃はいくらか、いつどこで払うのか、紙幣は受け付けてくれるのか、釣り銭はでるのか、改札口はどうやって通過するのか、降車したいときどうやって通知すればいいのか。

この記事では、タイ・バンコクの公共交通機関について解説します。

PR
PR

タイ・バンコクの切符の買い方と電車の乗り方を教えます

タイ・バンコクの公共交通機関は、スワンナプーム国際空港からバンコク市内への「Airport Rail Link (ARL)」、高架鉄道のBTSスカイトレイン、MRT地下鉄、タイ国鉄、それからバス(普通バス、エアコンバスなど)になります。

基本的に鉄道の営業時間は、朝6:00から夜24:00までです。一部で早朝5:30から動き出します。

ARLとMRTの切符の買い方と乗り降りの方法については、こちらで詳しく解説しています。

バンコク・スワンナプーム国際空港からスクンビットへの行き方を徹底解説
タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港に到着して市内のスクンビット・アソークまで公共交通機関で行く方法を写真つきで詳しく解説します。スワンナプーム国際空港に飛行機が到着したら、入国審査・荷物受け取りを目指して、人の流れに乗って移動 無事に入国、荷物受け取りできて緑色ランプの税関を通過したら、出口を出ます。頭上や周囲の案内板を探してみます。「Airport Rail Link」の表示を見つけてください。その表示にしたがって、エスカレーターやエレベーターで地下フロアへ降りていきます。

バンコク BTSスカイトレインの切符の買い方

BTSスカイトレインの切符を買う方法は、駅の構内にある自動券売機を利用します。改札口近くにある自動券売機の横に路線図が貼ってあります。それを見て、目的地までの料金を確認します。目的地の駅に書いてある丸のなかの数字が運賃です。

自動販売機の料金が印字されているボタンを先に押して、料金ぶんのお金を投入すると、乗車カードが出てきます。

なお、紙幣を受け付けてくれない自動販売機もあります。コインでは足りない場合、改札口にある窓口に行って、行先を言って紙幣を出します。乗車カードとお釣りをくれる場合と、コインに両替してくれる場合の二通りの対応があります。後者の場合、再度自動販売機に行き購入します。

子ども料金

身長90cm未満は無料です。それ以上の身長の子どもは大人と同じ料金です。自動券売機の横に身長の目安表があるので参考にしてください。(写真左端)

バンコク BTSスカイトレインの乗り方と降り方

BTSスカイトレインの乗り方は、乗車カードを改札口のカード投入口へ入れます。出てきたカードを忘れずに回収して、前へ進みます。ゲートが開きますのでゆっくり通過します。※乗車カード投入口がない交通カード専用ゲートもあります。その場合ほかのゲートから入場します。

ホームが複数ある場合、行きたい駅の名前や方面が書いてあるほうのホームへ上がります。待っている人たちが整列しているようであれば、同じように並んで電車を待ちます。

通勤通学時間帯はビジネスマンや学生で混み合います。荷物の持ち方や乗り口付近のマナーは日本と同様です。

無事に目的の駅で降車できたら、案内を見てどの出口から降りるのがよいか確認するとよいでしょう。多数派を占めるローカルの行動と観光客の向かう先が必ずしも同じではありません。違うときもあります。

改札口出口では、乗車カードをカード投入口に入れます。カードは回収されます。前に進むとゲートが開きますのでゆっくりと出ます。

タイ国鉄

バンコクからアユタヤやホアヒンなどの地方都市へ行くときにタイ国鉄を利用して行くことができます。

State Railway of Thailand

State Railway of Thailand

タイ国鉄のチケット購入

จำหน่ายตั๋วการรถไฟแห่งประเทศไทย - eTicket State Railway of Thailand

 

 

タイ・バンコク交通機関乗り換えマップGoogleマップ

コメント